PDF変換はフリーで

スポンサードリンク

PDF変換のフリーソフトは何種類かあります。
PDF変換のソフトというのは、ワープロソフトの『Word』などで作った文書ファイルをPDFファイルというファイル形式に変換したり、あるいはファイルをWordの文書ファイルに変えるソフトの事です。

そもそもPDFファイルというのは何かといいますと、『Photoshop』や『Illustrator』といった画像ソフトで有名なAdobe Systems(アドビシステム)社が開発した、電子文書のファイル形式の規格です。
PDFファイルのアルファベットの意味はPortable Document Format≠フ頭文字を取ったもので、このファイルの特徴は、パソコンの機種やOSに関わらず、オリジナルとほとんど変わらない文書が閲覧、印刷が可能になります。

PDFファイルの使用用途

インターネットのHPを閲覧するブラウザソフトでは、使っているパソコンの機種によってフォントや文字の大きさが変化してしまいます。
別にHPに書いてある文書の意味だけが伝わればいいのであれば、それでも構わないのであれば、それでも良いのですが、ビジネスで商品カタログやマニュアルなどは、それではまずい場合があります。

そんな時に役に立つのがPDFファイルです。

Adobe純正品は高価?

PDF変換のフリーソフトを探すのもやはりインターネットを利用するのが一番でしょう。
検索サイトでPDF変換 フリー≠ニいうキーワードで検索をかければ、PDF変換のフリーを紹介したサイトや、その場でダウンロードが可能なWebサイトがたくさんヒットします。

ただ、標準価格で57,540円もするAcrobatと全く同じ機能を持った変換フリーソフトというのはさすがにありません。
フリーソフトはAcrobatに含まれる一部の機能だけに特化したものがほとんどです。
ですから数多くあるフリーソフトでどれを使うかは、目的によって変わってきます。

ダウンロードして使う前にそのソフト仕様をよく見て、自分の目的に合ったのフリーソフトを選びましょう。
さらにそのソフトの使い勝手を、実際にソフトを使った人が評価している口コミ情報を掲載しているサイトもありますので、そういった情報も活用しましょう。

スポンサードリンク