キネシオテープの貼り方

スポンサードリンク

キネシオテープの貼り方にはポイントや注意点があります。

キネシオテープは正式名称キネシオテックスで、筋肉と同じ弾性のあるテープです。
縦方向に30〜40%伸びるようにできていて、これは人間の皮膚の伸縮性と同じです。
ウレタンポリマーを綿100%の繊維で包んであり、皮膚から水分が蒸発しやすくむれにくく、長時間の貼付に適しています。

キネシオテープの効果

キネシオテープには、筋肉の機能を正しく直す、血液・リンパ液の循環をよくする、痛みを抑える、関節のズレを正すという4つの効果があります。

キネシオテーピング法は、自然療法であり、自然治癒力を促進させて痛みを和らげます。
痛いところに手をあてて痛みを和らげることを被覆効果といいますが、同様の作用がキネシオテープにあり、テープによる被覆感や接着感で、痛みを感じにくくなり和らぐのです。

スポーツのあとのケアに使ったりしますが、痛みやしびれに対して抜群の効果を期待でき、世界のスポーツ選手が使用しています。

キネシオテープの貼り方のポイント

キネシオテープの貼り方のポイントは、テープは伸ばさず、筋肉の方を伸ばして貼ることと、貼り方として筋肉の流れと同じ方向にテープを走らせます。
キネシオテープの貼り方の注意点は、まず、テープを貼る部位をきれいにふき取ることです。
汗や油分があると、接着力が弱まりますし、かぶれの原因になるからです。

そして、キネシオテープの貼り方では、基本的にテープはひっぱらずに貼ります。
テープをひっぱった貼り方にすると、筋肉の動きを妨げ逆効果になります。

そして、キネシオテープの貼り方のポイントとしては、貼る位置の筋肉を伸ばした状態で貼ります。
これは、キネシオテープを普通の状態に戻した際のシワをできるだけ増やすためです。
シワを増やす理由は、シワは皮膚を持上げていることを意味するからで、持ち上げられた皮膚の下には僅かですが隙間がつくられ、その隙間にリンパ液が流れ込んで、擦れ合って痛む筋肉同士や組織間の摩擦を緩和、筋肉をより動きやすい状態にします。
その上、筋肉の動きによってリンパ液も動き栄養も運んでくれます。

そして、組織液の循環を促されますので、乳酸などの疲労物質を押し流してくれ、また血液の循環もよくなりますので、特に内出血には効果的です。

キネシオテープを貼ったまま入浴したあとは、よく水分をふき取ることが必要で、また、万一かぶれるようなときは、使用を中止しなければなりません。

関節のズレを正す場合、キネシオテープの貼り方はある程度の牽引をかけることで、関節を正常な位置に矯正できます。
貼り方次第で、効果的で多目的に使えるキネシオテープとは貼り方のポイントを押さえる必要があります。

スポンサードリンク